2017/09/29 「若者応援企業宣言」、「ユースエール認定制度」のセミナーを開催しました。

2017年9月29日にセルフ・キャリアドック制度のセミナーを開催しました

日時:2017年9月29日(金) 14:00~16:15 (受付13:45~)
会場:中原市民館内 川崎市民活動センター
住所:神奈川県川崎市中原区新丸子東3丁目1100番地12
  
http://www.city.kawasaki.jp/nakahara/page/0000030258.html
定員:10名(申込先着順)
参加費:無料
参加者対象:定着率アップを考える経営者、役員、人事・総務担当者、協業者など
主催:株式会社ファサディエ

詳細項目:若者応援企業宣言

①:若者応援企業宣言とは?
②:若者応援企業宣言企業のメリットについて
③:若者応援企業宣言企業になるまでの流れ
④:宣言基準とは?
⑤:自己診断で確認
⑥:提出する申請書類について
⑦:必要な社内取り組みについて
 

詳細項目:ユースエール認定制度

①:ユースエール認定制度とは?
②:認定取得メリットについて
③:認定企業になるまでの流れ
④:認定基準とは?
⑤:自己診断で確認
⑥:提出する申請書類について
⑦:必要な社内取り組みについて
 
講師:
株式会社ファサディエ EAP事業部 新規事業準備室担当 小野 勝弘
 
プロフィール:
キャリアコンサルタント ・ EAPメンタルヘルスカウンセラー
メンタルヘルスマネジメント検定Ⅰ種合格 ・ 第一種衛生管理者
安全衛生優良企業アドバイザー
 
内容:
従業員の仕事に対するモチベ−ションアップや定着率の向上などにより、企業の生産性向上に寄与することが期待される「セルフ・キャリアドック制度」があります。企業がその人材育成ビジョン・ 方針に基づき、キャリアコンサルティング面談と多様なキャリ ア研修などを組み合わせて、体系的・定期的に従業員の 支援を実施することを通して、従業員の主体的なキャリア 形成を促進・支援する総合的な取組みです。

一定の労務管理の体制が整備され、若者(35歳未満)を採用・育成するために求人の申込みや募集を行っており、通常の求人情報よりも詳細な企業情報・採用情報を公表している中小企業は「若者応援宣言企業」になれます。また、「若者応援宣言企業」の宣言基準に加えて、上位基準を満たしている中小企業は、若者の雇用管理の状況などが優良な企業として、ユースエール認定を受けることができます。

今回は、「セルフ・キャリアドック制度」の導入内容と「助成金」、そして「若者応援企業宣言・ユースエール認定制度」の導入内容を対象とした場合の全体的な手順の概要をご説明いたしました。