認定や制度導入を活用した社員の採用力、定着力アップ術!

  

採用力、定着力アップのための無料セミナー

セミナーを今すぐみる!


 
 

中小企業の採用力、定着力アップのお悩み

✅新卒者の募集をしても応募者が少ない!
✅内定をだしても辞退される!
✅採用コストに見合う採用ができていない!
✅やっと入社した新人の離職が目立つ!
✅採用してもまた離職者がでてしまう!
✅残業が多く社員の健康状態が悪化してるかもしれない!
✅有給休暇の取得が少なく社員のモチベーションが上がらない!
✅女性社員の出産のタイミングで退職してしまう!
✅社内の研修制度がマンネリ化している!
✅健康状態の理由で中堅社員の退職が目立つ!
✅社員が仕事や私生活にビジョンを持っていないような気がする!

 
 

採用力、定着力アップのための、認定や制度導入を支援します!

※次の認定や制度を本質的に捉えた活用法をご提案します。
●セルフ・キャリアドック制度
●ユースエール認定制度
●ストレスチェック制度

 
 

セルフ・キャリアドック制度を導入して活用すると・・・

セルフ・キャリアドックとは、企業の人材育成ビジョンに基づき、定期的なキャリアコンサルティングとキャリア研修などを組み合わせて行う、従業員のキャリア形成を促進・支援することを目的とした総合的な仕組みのことです。
キャリアコンサルティングを行うことにより、
従業員が自らキャリア・プランを考えることにより、主体的に仕事や職業能力開発に取り組もうとする意識を高めることができたり、適性や職業能力などへの自己理解を深めることにより、工夫して仕事や能力開発に取り組もうとする意識を高めることができたり、社内での昇進に必要な仕事の経験や順序などをイメージしやすくなり、仕事のやりがいや向上心を高めることができたりと、仕事に対するモチベーションをアップさせることにつながります。
また、新人などに対して、キャリア・プランを明確化・具体化することにより、職場への定着や仕事への意欲を高めることができたり、育児休業者や介護休業者などが抱える課題の解決を支援することにより、職場復帰を円滑に行うことにつながります。
 
結果的に新人などの定着の支援や、育児休業者などの復帰を円滑にすすめることができます。
 
つまり、セルフ・キャリアドック制度を導入することで定着力アップにつながります。
 
 

ユースエール認定制度を導入して活用すると・・・

ユースエール認定制度は、中小企業(常時雇用する労働者が300人以下の事業主)で「若者の採用・育成に積極的で、若者の雇用管理の状況などが優良な中小企業」を、若者雇用促進法(H27年10月~)に基づき厚生労働大臣が「ユースエール認定企業」として認定しています。(現在の認定企業は300社以上)
 
ユースエール認定企業になると、ハローワークの合同説明会等で、ユースエール認定企業ということを全面にだしてもらったり後押しがあります。また、媒体を使って広報や宣伝をしていく際にも、「ユースエール認定企業」ということで、厚生労働省の認めた厳しい条件をクリアしているということが、何よりのエビデンス(根拠)となります。
企業側からいくら「働きやすい会社です!」とうちわの話で聞こえのいい言葉を並べたところでそれほど効果はありませんが、「厚生労働省認定」というところは、武器として心強いものがあります。
 
結果的に説明会では採用予定数の約8倍、採用面接では採用予定数の約4倍の学生が応募してくれたという事例もあります。
 
つまり、ユースエール認定企業になることで、採用力アップにつながります。
 
 

ストレスチェック制度を導入して活用すると・・・

ストレスチェックは、2015年12月からスタートし、従業員50人以上の事業所に対して年1回の労働者への実施が義務づけられました。
その背景としては2011年、14年連続で3万人を超える自殺者が出たと発表されました。精神疾患(メンタル不調者)での労災が増加していることもストレスチェックが必要とされる理由の一つになります。
ストレスチェックは、メンタルヘルス不調者を発生させないという未然防止に加え、ストレス度の高い人に対して面接をして早期のケアにつなげましょうという趣旨があります。一次予防として職場の環境改善やセルフケア。次に、ストレスの高い方に対して面接を通じて早期ケアにつなげるというのが二次的な目的。また、ストレスチェック実施後の集団分析結果等からメンタルヘルス研修を行うことにより、生産性の向上、事業場の活性化につながります。
 
結果的に組織の心の健康を維持することで退職者の軽減につながり、全体のコミュニケーション能力向上生産性を高めます。
 
つまり、ストレスチェックを実施して本質的に捉えた活用や運用を行うと退職者の軽減につながり定着力がアップするのです。
 
 

採用力、定着力アップのための、認定や制度導入の詳細と支援内容

セルフ・キャリアドック制度導入支援の詳細はこちら >>>


ユースエール認定制度導入支援の詳細はこちら >>>


ストレスチェック制度導入支援の詳細はこちら >>>


 

お問い合わせはこちら >>>