セルフ・キャリアドック制度導入支援

セルフ・キャリアドック制度とは

定義企業がその人材育成ビジョン・ 方針に基づき、キャリアコンサルティング面談と多様なキャリ ア研修などを組み合わせて、体系的・定期的に従業員の 支援を実施することを通して、従業員の主体的なキャリア 形成を促進・支援する総合的な取組みです。
従業員の仕事に対するモチベ−ションアップや定着率の向上などにより、企業の生産性向上に寄与することが期待されます。簡単に表現すると、セルフ・キャリアドックは、労働者に、キャリアコンサルティング(労働者が主体的にキャリア・プラン(働き方や職業能力開発の目標や計画)を考え、それらに即して働こうとする意欲を高めるための相談)を定期的に提供する仕組みです。

 

セルフ・キャリアドック制度導入のメリット

① 労働者の仕事に対する主体性を向上させることができます。 ② 新規採用職員などの定着の支援や、育児休業者などの復帰を円滑に行うことができます。 ③ 助成金により、セルフ・キャリアドック制度の導入やキャリアコンサルティングの実施に要する費用の負担を軽減することができます。
・ 労働者が自らキャリア・プランを考えることにより、主体的に仕事や職業能力開発に取り組もうとする意識を高めることができます。
・ 労働者が適性や職業能力などへの自己理解を深めることにより、工夫して仕事や能力開発に取り組もうとする意識を高めることができます。
・ 労働者がキャリアパス(社内での昇進に必要な仕事の経験や順序など)をイメージしやすくなり、仕事のやりがいや向上心を高めることができます。
・ 新規採用職員などにキャリアコンサルティングを実施することにより、キャリア・プランを明確化・具体化し、職場への定着や仕事への意欲を高めることができます。
・ 育児休業者や介護休業者などにキャリアコンサルティングを実施することにより、職場復帰を円滑に行うことができます。

④ ①から③までにより、生産性を向上させることができます。

セルフ・キャリアドック制度の導入の手順

STEP1:人材育成ビジョン・方針の明確化
・経営者のコミットメント
・人材育成ビジョン
・方針の策定・社内への周知

STEP2:セルフ・キャリアドック制度の作成
・セルフ・キャリアドック実施計画書の策定
・必要なツールの整備
・プロセスの整備

STEP3:企業内インフラの整備
・責任者等の決定
・社内規程の整備
・キャリアコンサルタントの確保
・情報共有化のルール
・社内の意識醸成

STEP4:セルフ・キャリアドック制度の実施
・対象従業員向けセミナー(説明会)の実施
・キャリア研修
・キャリアコンサルティング面談をを通した支援の実施
・振り返り

STEP5:フォローアップ
・セルフ・キャリアドックの結果報告
・個々の対象従業員に係るフォローアップ
・組織的な改善措置の実施
・セルフ・キャリアドックの継続的改善

 

セルフ・キャリアドック制度導入支援内容

まずは、ご連絡ください。セルフ・キャリアドック制度導入支援アドバイザーが、制度の内容や人材育成ビジョン・方針について丁寧にご説明し御社に合う制度導入提案をいたします。

セルフ・キャリアドックの実施につきましては、弊社所属のキャリアコンサルタントがセミナー(説明会)、研修会、キャリアコンサルティングまで行い、結果報告までフォローいたします。

 

 

 

お問い合わせはこちらから >>>